料理

体に良い

野菜

にんじんはおいしくて栄養がある野菜です

栄養があって体に良い野菜はたくさんありますが、その中でもにんじんは体に良い野菜の一つといえます。にんじんにはβカロテンがたくさん含まれています。βカロテンは油といっしょに摂ると体内でビタミンAに代わります。美肌効果や皮膚の粘膜効果、免疫機能を正常に保つ効果が期待されるものです。にんじんは健康に良いのですが、選ぶ時は鮮やかな橙色の濃いものを選ぶと良いでしょう。にんじんは体に良く、おいしい野菜ですのでどんどん料理に使って食卓に出したいものです。油と一緒に炒めたり煮たりすると効率良く栄養を摂ることが出来ます。にんじんは生で食べるとビタミンCを破壊するのでジュースにする時は、レモンを少し入れることで防ぐことが出来ます。にんじんがたくさんある時はスライスして天日干しがおすすめです。乾燥した分、甘みが増して栄養が凝縮されるのです。また、天ぷらや煮物などにするのも良いでしょう。

にんじんの旬は11月から12月ころになりますが、品種改良されて一年中出回っています。保存をする場合、夏は新聞紙でくるんで袋に入れて冷蔵庫の野菜室にいれます。冬はポリ袋に入れて常温でも保存することが出来ます。スーパーでは3本入りで200円くらいで買うことができますが、通販サイトだともっと安い料金で買うことが可能です。最近は、産直などで直接農家の方から買うことも出来るようになってきました。煮物や炒め物、サラダなどどんな料理にも使うことができる万能野菜です。その上、にんじんの健康効果と栄養は群を抜くものがあります。カレーにたくさん入れると子供もたくさん食べてくれます。甘いにんじんが増えてきたせいか、子供でもあまり嫌いということは聞かなくなったように感じます。もっと食卓ににんじん料理をのせてたくさん食べたいものです。

Copyright© 2016 出前のサービスを利用してお食事|バクバク食欲旺盛 All Rights Reserved.